滞在記 第2日目
(2008年11月28日)
※写真をクリックすると拡大されますが、スクリプトが無効だと拡大されません。
画面上部や下部にセキュリティの警告が表示された場合は、
ブロックされているコンテンツを許可→アクティブコンテンツを実行して下さい。
途中3回の休憩と京都駅を経由して、OCAT(大阪シティエアターミナル)に 着いたのが予定より55分早い7:35。所要時間8時間25分、流石に疲れた!  もし飛行機なら、成田からハワイまで行けます!(笑)
今回の宿は「BUSINESS HOTEL NISSEI」。場所は、なんばグランド花月の すぐ近く。OCATからは徒歩15分、最寄り駅の地下鉄日本橋駅からは 徒歩5分。料金はネットで予約すると、ツイン1泊・税サ 朝食込みで9450円(通常料金は11000円)、アーリーチェックインの 早朝料金が3200円。
このホテルを漢字1文字で表現すると「古」。数年前に改装工事が 行われたようなので汚いということはありませんが、設備全般は 昭和の雰囲気。
軽く腹ごしらえしようと歩いて喫茶店へ。向かったのが「丸福珈琲店」。 最近ではメッキリ見なくなった純喫茶。
飲み物とチーズトースト@580円を注文。この店のチーズトーストは、 いろんな雑誌やガイドブックにも取り上げられる名物メニュー。 モチモチっとした食感で確かに美味。
便利でお得な地下鉄と市バスの1日乗り放題券。毎月20日と毎週 金曜日は、更にお得なノーマイカーフリーチケット@600円が 使えます。

σ(^^)の亡母は大阪出身。5年前に亡くなるまで、 引っ越してから40年以上も関東で暮らしたのに、最期まで関西弁が 抜けなかったバリバリの大阪人。そんな母親が、どんな所で生まれ 育ったのか訪ねてみることに。

ネットで調べたら、戸籍に記されている出生住所は、既に統廃合のため 使われなくなっていることが判明。そこで某区役所へ行き、現在の 地番を調査。係の人に事情を話したら、とても親切に 対応してくれたばかりでなく、周辺の住宅地図まで コピーしてくれました! 感謝々々です。日曜日にカミさんと 別行動を予定しているので、その時に改めて行ってみよう!

地下鉄の動物園前駅でカミさんと待ち合わせて、まず向かったのが ジャンジャン横町。細い通りの両側に、飲食店や雀荘、囲碁や 将棋クラブが立ち並ぶ名物通り。さ〜て、最終日まで大阪名物を 食い倒すぞ!
まずは粉物その1、イカ焼き@200円。生地の上にイカと卵を乗せて 鉄板でジュ〜っとプレス。調理時間1分。シンプルだけど旨い!
ジャンジャン横町と言えば串カツ。前回訪れた時は「八重勝」へ 行ったので、今回は「だるま」と決めていました。各メディアでも 取り上げられる有名店。タレントの赤井英和の後輩が経営している (働いているだけ?)ことでも有名。 メニューは30種類以上、1本100円からと値段もリーズナブル。
串カツ屋での基本その1・ソースの2度浸け禁止、その2・キャベツは 食べ放題、その3・ドテ焼きも食すべし、その4・素材の味を 楽しむなら塩、その5・長時間居座らないこと。
2人で腹6分目、生ビールも2杯飲んで、会計は2550円でした。
ジャンジャン横町から歩いて通天閣へ。合格祈願・縁結び等、 様々な願いを叶えてくれる、何でもござれの福の神として有名な 「ビリケン像」は、展望台の上階に鎮座してます。 入場料は600円。
展望台からの眺め。大坂城と京セラドーム。海遊館やUSJ方面まで 見渡せます。
地下鉄と阪急線を乗り継いで十三へ。西口を出てすぐの右側にあるのが 「喜八州総本舗」。注文してから強火で炙り、特性のタレをくぐらせる みたらし団子が有名。1本80円。
十三のサカエマチ商店街。映画好きの方なら、もうお分かりですよね。 松田優作の遺作となった映画「ブラックレイン」のワンシーンが 撮影されたのがここ。M・ダグラスとA・ガルシアが、バイクに乗った 集団(松田優作扮する佐藤の手下)に絡まれる場面です。残念ながら、 当時と変わらないのは「がんこ寿司」の看板だけ。 通りも商店街と言うより、風俗街に近い感じ。
粉物その2はタコ焼き。威勢のいい兄ちゃんが焼いてた、ホテル近くの 小さな店。某国営放送も取材に来たとか。8個で240円だったっけかな?  なかなか美味でしたよ。

ホテルへ戻って小休止後、地下鉄で北浜へ。今回の最大目的、 とてもお世話になった方にお会いして、直接お礼を言うことが 出来ました! ようやくσ(^^)の中で区切りが付いたような、 とても良い気分。(= ̄▽ ̄=)V

北浜にはレトロなビルが数棟残っています。現代の高層ビルとは 違う重厚な造りですが、どことなく温かみのあるデザイン。
今回の旅行で一番楽しみにしていたのが、ここ「VERNON'S BAR」。 超有名なマジックバーです。当日の出演は、如月ハイパー、 ランディー熱(あつし)、ポール・コバヤシ、そして数々の テレビ番組にも出演し絶大な人気を誇るムッシュ・ピエール。 みんな凄かったけど、やっぱりムッシュ・ピエールは最高。 某番組でSMAPの中居正広と、とんねるずの石橋貴明の前で披露した ネタと同じ内容。技もテンションもあのまま! 最高に楽しかった!!  しかも店内は飲み放題の上、4人のステージを約1時間半に渡って 楽しんで、料金は1人4000円(月〜金の20:00迄の来店価格。 通常料金は6,000円)と超安! ウルトラオススメ店!!
地下鉄で心斎橋へ移動。本日の夕食は、粉物その3、お好み焼き。 カミさんがネットで調べた、旨いと評判の「美津の」へ。 写真のようにカウンターの前に鉄板があり、目の前で焼いてくれます。
頼んだのが、ぼちぼちセット@3050円。人気BEST3の山いも焼、 美津の焼(6種類具入りミックス)、ねぎ焼がぼちぼち出て来ます。 今まで食べたお好み焼きの中で、間違いなくNo.1の味でした!
食後は道頓堀をブ〜ラブラ。左は先日閉店した大阪名物くいだおれ。 「わて、旅に出まんねん」の看板が笑わせます。噂によると、 例のくいだおれ人形「くいだおれ太郎」を10億円で売ってくれという オファーがあったとかなかったとか。袖看板の上には、 まだ太郎がいます。
右の写真は、ドン・キホーテ道頓堀店。話題になった観覧車は、 残念ながら整備点検中のため運休中でした。ガッカリ・・・。
左:「かに道楽」の動く看板は健在。かに道楽の正面にある 「道頓堀極楽商店街」は、来年3月で閉鎖が決まっています。
右:ご存じ、グリコネオン。映画ブラックレインを思い出すな〜。
数年前に火災で消失した法善寺横丁は、完全に復興してました。
この後、ホテルまで歩いて帰りました。初日からよく遊んで よく食べた!



滞在記 第3日目へ進む